チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

Windows10動作確認

私的にWindows10で動作確認したデバイスやアプリなどをつらつらと。
※[カッコ内]は最後に調べたバージョン。1607アニバ、1703クリ

USBシリアル回り
FT232RL
FT234X
MCT U232-P9 ドライバ
BUFFALO BSUSRC06
Japanino(CP210x)
HIDSPX
Prolific PL2303 参考 ドライバ 動きが少し怪しいのは、たぶんフェイクチップだからだろう…[1607]

音源回り
Roland UA-4FX(公式対応)
Arvel HAMU02(C-Media)[1703]
Justy UGS-01 音は出るけど元々使い物にならないのは変わらずw[1607]
YAMAHA UX16 公式対応
MIDI音源は、IFが動けば動くだろうから省略。中身ただのシリアル通信だし。

その他ハード
DACAL DC300 [1703]
IMOEGA ZIP100 IDE (まさかの取り出しまでフルサポート)[1607]
TEAC FD-05PUB USB接続FDD。[1607]
MOC-U640[1607]
LMO-F1354U2 (中身はMCM3130UB)[1607]
IEEE1394 VIA1394OHCI(Legacyで使うにはドライバを用意する必要あり)[1607]
FWSCSI-01(IEEE1394はLegacyでのみ使用可能)[1607]
LUB-SC2(ストレージモードのみ。SCSIモードはx64ドライバが無い、x86は不明だがvistaドライバはある)[1703]

アプリ
VisualStudio2005 x64にてインストールだけは確認[1607]
Office2003Pro(excel/word)[1703]
Visio2003 インストール中に何か足りないって言われるけど無視[1703]
ATOK2007 x64にてインストールだけ確認[1607]
Arduino0023[1703]

VGAアダプタ
S3 ViRGE 640*480固定。何故かグレースケールw[1607]
S3 ViRGE/DX 同上。[1607]
Millennium 専用ドライバはないけど、汎用ドライバでXGAで動作[1607]

動くけど結構めんどくさい物
AHA-2940UW(どっかから互換ドライバ探してきてinf書き換え)[1607]
AHA-2930CU(同上)[1607]
USB-TXS(x86は純正ドライバ、x64はチップ互換ドライバをどっかから探せば動く)[1607]
ダイナコネクティブ DY-UD200[1703]
IO-DATA RSA-PCI2 動くけど、ドライバにデジタル署名がないから署名無効モードでないとNG[1607]

動かなかった物
YMF-7x4系音源 そもそもx64ドライバがない
カノープスVoodoo2 PURE3DII。ドライバがあるわけがないw






動かない物を探す方がめんどくさいレベル…


スポンサーサイト

カテゴリ:PC

LAN-GSW08/PHB分解

ロジテックの8ポートギガスイッチLAN-GSW08/PHB。
ACアダプタ欠品の状態で、なんとか動かせないか?と言うことで。

こいつ、本体に入力電圧が書かれてないんですよね…
メーカーのページにも書いてない。

で、調べてみたら情報を掲載してくれている人を発見。
http://nice.kaze.com/lan-gsw08-phb.html
LA-8W9VSですか。
うーん、9Vとは微妙に電圧高めですな…
試しに5Vを突っ込んでみたら、電源ランプは点くけど動作せず。

と言うわけで、分解しました(またか
DSC_0176.jpg
ネジは2カ所。LANポート側のゴム足を外した所にあります。

気になる部品は2つ。
  • 34063 AM-E1
  • MP1482DS
両方とも電源ぽい。
入力電圧は前者が3-36V、後者が4.75-18V。
ACアダプタからいきなりダイオードを通過してるので1V下がるとして、最低でも6Vぐらいないと動かない、気がする。

だんだん調べるのが面倒になってきて、安定電源に繋いでみたところ、6.5Vあたりから動作した。
6V程度では3.3V欲しい所で電圧不足になってる気がする。

とういうわけで、ざっくり7-9V前後のACアダプタを使えばいいんじゃない?という結論(乱暴
18V超えなければ大丈夫とは思うけど、定格を大幅に超えるのは気分的にちょっとね。


カテゴリ:修理&分解

Windows10で黒い画面が一瞬だけ出る問題

作業してたら、コマンドプロンプトのような黒い画面が一瞬だけ表示されることに気が付いた。
仕事用のPCでも、自宅で使ってるPCでも同じように出る…
2017年5月に入ってから発生するようになった気がするけど、明確な時期はわからない。

起動時とか、1日1回とかいうわけでもなく、1日に数回目にする。
特に問題があるわけじゃないんだけども、何となく気持ち悪いし、フォーカスを一瞬奪われてイラっとするので調べてみた。

最初は発生タイミングがよくわからなかったのだけど、1時間に1回発生していることに気が付いた。
画面キャプチャ動画を撮るなり、セキュリティポリシーでプロセス開始ログをとっても良かったんだけども、きっかり1時間ごとだったのでALT+PrintScreenで手っ取り早く捕まえてみた。
(が、画像を保存し忘れた)

で、結局謎のウインドウは、officebackgroundtaskhandler.exeだった。
タスクスケジューラを見てみると、\Microsoft\office\OfficeBackgroundTaskHandlerRegistrationがそれっぽい。
確かに1時間に1回実行されるようになってる。

ググってみたら同じ症状の人が解決策を掲載してた。

吟遊詩人の戯言 【#Windows】定期的に小さなウィンドウが開いてすぐ閉じる:officebackgroundtaskhandler.exe じゃげな

なるほどね、、、実行するユーザをSystemにすておけば確かに表示は出なくなるか。
MSが作った時にデバッグ用のコンソールウインドウを表示しないようにし忘れたとか、そんな話なんかな…

多分、ほっといても来月のアップデートで治る気がするけど。

カテゴリ:PC

ArduinoでPCINT割込

Arduinoで割込といえばINT0/1だけど、沢山のピンで割込を使いたい時のメモ。
(Arduino0023/ATmega168P)

たまに使おうとすると、PCINT,PCMSK,PCIEの対応を忘れていて調べるのが非常にめんどくさいので、もう定型にしてしまおうというものぐさ。


#define SW_INT_PCICR ((1<<PCIE0)|(0<<PCIE2)|(0<<PCIE2))
#define SW_INT_PCMSK0 ((1<<PCINT0 )|(1<<PCINT1 )|(1<<PCINT2 )|(1<<PCINT3 )|(0<<PCINT4 )|(0<<PCINT5 )|(0<<PCINT6 )|(0<<PCINT7))
#define SW_INT_PCMSK1 ((0<<PCINT8 )|(0<<PCINT9 )|(0<<PCINT10)|(0<<PCINT11)|(0<<PCINT12)|(0<<PCINT13)|(0<<PCINT14))
#define SW_INT_PCMSK2 ((0<<PCINT16)|(0<<PCINT17)|(0<<PCINT18)|(0<<PCINT19)|(0<<PCINT20)|(0<<PCINT21)|(0<<PCINT22)|(0<<PCINT23))

ISR(PCINT0_vect){
    Serial.println("PCINT0_vect");
}
ISR(PCINT1_vect){
    Serial.println("PCINT1_vect");
}
ISR(PCINT2_vect){
    Serial.println("PCINT2_vect");
}

void setup(){
    //割込有効化
    PCICR  |=SW_INT_PCICR;
    PCMSK0 |=SW_INT_PCMSK0;
    PCMSK1 |=SW_INT_PCMSK1;
    PCMSK2 |=SW_INT_PCMSK2;

    delay(10000);

    //割込無効化
    PCICR  &=~SW_INT_PCICR;
    PCMSK0 &=~SW_INT_PCMSK0;
    PCMSK1 &=~SW_INT_PCMSK1;
    PCMSK2 &=~SW_INT_PCMSK2;
}

void loop(){}



美しくはないけど、割込をマトリクス状にしてしまったら解りやすいかと。
上の例では、PCINT0~3の割込を有効にしたり、取り消ししたり。
もっといい方法があればいいんだけども、ライブラリにするのもおっくう…

カテゴリ:電子工作

FreeNASをスリープさせる

FreeNASを導入したんですが、常時起動してる必要もない感じなので、要らん時は寝ててもらう。
基本的にfreeBSDと同じ。
acpiのS1-5で好きな状態にできるので、とりあえずS3あたりに。
ステートについてはwikipediaにて。

コンソールから

# acpiconf -s 3


とかやれば寝てくれるんだけど、いちいちめんどくさい。
電源ボタンで寝てもらおう。

現在の電源ボタンの設定は

# sysctl hw.acpi.power_button_state
hw.acpi.power_button_state: S5


S5って事は通常のシャットダウンになってる。

通例なら/etc/sysctl.confを編集すればいいはずなんだけど、再起動すると編集した内容が失われる…
というわけで、freeNASのGUIから。

システム→Tunable→Tunableの追加
  • 変動:hw.acpi.power_button_state
  • 値:S3
  • タイプ::Sysctl

これで再起動後から電源ボタンを押すとS3に移行できるようになった。

が、スリープから目覚めると様子がおかしい。
runtime went backwards、多分時計回りがおかしいという表示が1文字ずつゆっくり表示される。
最終的にカーネルパニック…spin lock held too long

なんとなく省電力周りが怪しい気がしたので、freeNASの詳細設定からpowerdをオフにしたら治った。

S3とかからでもWoLで起こせるので、そこそこ便利かな。

カテゴリ:PC

次のページ

FC2Ad