チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

FreeNASをスリープさせる

FreeNASを導入したんですが、常時起動してる必要もない感じなので、要らん時は寝ててもらう。
基本的にfreeBSDと同じ。
acpiのS1-5で好きな状態にできるので、とりあえずS3あたりに。
ステートについてはwikipediaにて。

コンソールから

# acpiconf -s 3


とかやれば寝てくれるんだけど、いちいちめんどくさい。
電源ボタンで寝てもらおう。

現在の電源ボタンの設定は

# sysctl hw.acpi.power_button_state
hw.acpi.power_button_state: S5


S5って事は通常のシャットダウンになってる。

通例なら/etc/sysctl.confを編集すればいいはずなんだけど、再起動すると編集した内容が失われる…
というわけで、freeNASのGUIから。

システム→Tunable→Tunableの追加
  • 変動:hw.acpi.power_button_state
  • 値:S3
  • タイプ::Sysctl

これで再起動後から電源ボタンを押すとS3に移行できるようになった。

が、スリープから目覚めると様子がおかしい。
runtime went backwards、多分時計回りがおかしいという表示が1文字ずつゆっくり表示される。
最終的にカーネルパニック…spin lock held too long

なんとなく省電力周りが怪しい気がしたので、freeNASの詳細設定からpowerdをオフにしたら治った。

S3とかからでもWoLで起こせるので、そこそこ便利かな。
スポンサーサイト

カテゴリ:PC

WN819 無線LANが遅い

イイヤマのIT8i-9P1150T-A、というか、OEM元のマウス型番ではWN891。
日常的に触っておらず、たまーに使う程度だったのですが、数日前に急激に無線LANが遅くなってることに気が付いた。

同じセグメントのPCに対して1Mbpsも出てない悲惨な有様だったので、対策してみた。

無線LANのドライバを見てみたら、いつの間にかドライバが更新されてた。
wn891_lan_driver.png

wn891を買ったのは2016年の正月、その後すぐWindows10にアップグレードしたので、2016/04/01のドライバは自分がインストールしてない、、、はず。(曖昧)
というわけで、古いバージョンに変更してみたら普通に動き出したので、これでいいことにしよう。

カテゴリ:PC

HD-WLU3/R1のベンチを取ってみた

USB3.0に対応した、HDDが2台内蔵されている外付けHDD。
RAID0にも1にも対応しています。

BUFFALO RAID1対応 USB3.0用 外付けハードディスク 2ドライブモデル 2TB HD-WL2TU3/R1J



で、気になるのはRAID0の速度。
どうせ大した速度はでないってわかってても測ってみたくなるのが人間の性ってもんで…

まずはRAID1。
HD-WLU3R1(RAID1).png

次にRAID0。
HD-WLU3R1(RAID0).png

ですよねー。
RAID0で使うぐらいなら、外付けSSDにした方がいいよね。

カテゴリ:製品レビュー&比較

MOのベンチマークをとってみた

今更こんなことしてなんになるのかって、まあ、趣味ですよ。

計測に仕様したドライブはLMO-F1354U2。
一応GIGAMO。

230MBのメディアで計測。
LMO-F1354U2.png


1.3GBのメディアで計測。
LMO-F1354U2_1300MB.png

案外速度差出るもんなんだなー…


DSC_0280.jpg

今回の計測のために在庫の1.3GBメディアを開封したけども、まだ辛うじて手に入るのね。

SONY EDM-G13CDF 3.5MOメディア 1.3GB GIGAMO WIN95





カテゴリ:製品レビュー&比較

SD-IDE変換をPC-98で使う

ぼけーっとamazon見てたら目に留まったのでポチって見た。

SODIAL(R) 44-ピンオスIDEへSDカードアダプタ



1個900円ほど。
中国からの輸送なので、2週間以上かかった。
変換名人なんかが売ってるのとよく似てる。

デバイス名は「SINTECHI HighSpeed SD to CF Adapter V1.0」だそうで、前世はSD-CF変換らしい(何

で、早速PC-98に接続。
diskinit、fdiskも通るし、formatもできるんだけど、一度でも電源を切ると固定ディスクメニューが出なくなる。
むなしく「システムディスクを入れてください」が表示される。
IPLが消える罠か?
恐らくIPLが「消える」のではなく、SDから読み出せてない疑い。

このSD-IDE変換、いろいろ挙動をみてたら、SDにAT互換機のHDDと同じパーティションパラメータがないとまともに仕事しない気がしてきたので、以下解決手順。

使ったPC:PC-9821Ra266@オンボードIDE。SDカードは2GBの物を使用。
使う物:みんな大好きまりもさんConv98ATIPL_menu。Windows98のDOS。


  1. まず普通にfdiskでパーティション作成。
    あとからパーティション弄ると面倒なことになるので、ここで全部決めてしまう。

  2. fdiskでそのまま続けてBOOT可のマークを。
    あとパーティション名とかも変更したければしておく。

  3. 電源を切らずに、CTRL+GRPH+DELなどで再起動。

  4. format x: /sとかで、フォーマットしてシステムを送り込む。

  5. conv98atを実行。
    もし異常だと言われたらIPL_menuを実行してからconv98atを実行。


これでPC-98で起動できるSDカードのできあがり。
また、最近のWindowsマシンからSDカードリーダー経由で中身を読み書きできるので、メンテナンス性も抜群。
ノートPC-98なんかの筐体を加工して、いつでもSDを取り出せるようにしておけばものすごく便利かも?

FlashAirなんかと組み合わせたら面白い事できないかなー。


--
以下色々やったメモ。
--


PC-9821Ra266で作ったSDをPC-9821As3に持っていったらそのまま使えた。

8MBとかの古いSDカードを入れてると、20MBとして認識する。
多分、20MBより小さいHDDが存在しないからだとは思うけど。
フォーマットしたら40MBと誤認したりする。
正しい情報が保存されてないので、電源を切るとIPLが読めないので使い物にはならない。

PC-9821Asではfdiskが起動しなかった。(フリーズする)
HDD上限が540MBの機種では使えないかも。

PC-9821Asはfdisk実行後フリーズしてるようにみえて、1分ぐらい待ったら動いた。
2GBのSDを刺した状態でDOSをFD起動すると中身は読めるが、当然bootはできない。
8MBのSDを刺した状態でfdisk、formatで一応アクセスはできてるので、512MBのSDがあれば使えるのかも。

以上のことから、パーティションテーブル問題をクリアすれば、割と普通にHDDとして使えるみたい。
540MBの壁のある機種では、512MBのSDを用意するか、IDE-98あたりに頼る、という相変わらず苦しい選択になる…










カテゴリ:PC

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。