チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

ESXi6.0u2をskylakeマシンに導入した

SkylakeのすべてのCPU、すべてのチップセットはVT-xもVT-dも対応してるそうで…
最近、勢いあまってとにかく安い構成で買っちゃったわけですが。
きっとVT-dは使わないけど。

というわけで、ESXiサーバを構築したメモ。

マザー:ASRock B150 Pro4V
CPU:Celeron G3920
メモリ:余ってたDDR4/4GB*2
HDD:超古いSATAのHDD
ケース:古い鯖から流用
電源:古い鯖から流用。SPSN-050
USBメモリ:4GB

2万円程度でESXiサーバが作れてしまった。
パワーはないけど。

ESXi6.0u2を使用。
仮想マシンはESXi5.0からのエクスポートして移植。
特に追加ドライバも必要なく、トラブルもなく完了しました。
B150 Pro4VのオンボードNIC(Intel I219)はESXi6.0u2で標準対応してた。

インストール手順。
  1. VMWareからvSphere6.0u2のISOをダウンロードする。(※要ユーザ登録)
    https://my.vmware.com/jp/web/vmware/evalcenter?p=free-esxi6
  2. ISOをCDRに焼く。
  3. ESXiホストになるPCにUSBメモリを突っ込んで、さっき焼いたCDRでセットアップ。
  4. ESXiホストを管理する端末に、vSphere Clientをインストール。
以上。
なんもトラブルなかった…すごいなあw

お次はゲストマシンの移動。
古いESXiサーバから仮想マシンをエクスポートする。
USBパススルーしてたOSはOVFエクスポートに失敗するので、USBを設定から削除してからエクスポートする。
エクスポートしたOVFを新しいESXiサーバにインポート。

あとはVNCで管理したいので5.0の時と同じくFWに穴あけ
OVFをインポートした場合、VNCの設定が消し飛ぶので手動で再設定する。
(HDDごと引っ越してきた場合はそのまま残ってる)

esxitopのCステートがC3までしかなくて、アレ?と思ったけど、よく調べてみたら、C0~C3に詰めて表示される、って事らしい。
その割にPステートはP15まであるんですが…こっちを詰めろよって思う。
PステートはP0がほぼ100%、たまにP15が数%って状態で、P1-14に遷移したことがないような…
ちゃんと動いてんのかな。

念のため、CステートにかかわるBIOSの設定項目を「自動」から「有効」に変更しておきました。


ちなみに、ESXiサーバとなるマザーを選ぶ際に、事前のマニュアルを読んでVT-xの項目は確認したほうがいいかも。
『Intel Virtualization Technology』と書かれてるのがVT-xの事だと思うんだけど、UEFTメニューにこの項目がなさそうなのがいくつかあった。
少なくとも、ASUSとGIGABYTEのB150マザーのマニュアルにはこの項目についての記載がなかった…
マニュアル上で省かれてるだけならいいんだけど、不安だったので今回は避けた。

VT-xより敷居が高い(と思う)VT-dはどのマザーのマニュアルにもだいたい書いてあったので、デフォルトでVT-xがONになってるのか…?
と考えたけど、『VT-xが有効だと仮想も何もしない場合のパフォーマンスが少し落ちるからASUSなんかはデフォルト無効にしてある』って話も聞いたことがあるような、ないような。
VT-dをONにしたらVT-xも同時にONになるとか、そんな話なのかなー、と考えつつも、ASUSのH170ProなんかはちゃんとVT-xとVT-dそれぞれON/OFFできるし…

低価格マザーは差別化のために設定削除してあるってのは往々にして考えられるから、やっぱ事前にマニュアルを読むなり実機を触るなりしないと怖いですね。



スポンサーサイト

カテゴリ:VMware - テーマ:サーバソフト総合 - ジャンル:コンピュータ

VMware ESXi5 管理IPが0.0.0.0になった時の対処

ESXiホストのNICがぶっ壊れて、再起動やらしてるうちにIPが0.0.0.0になっちゃって困ったのでメモ。
新しいNICを接続しても、ホストのコンソール画面からConfigre Management Networkすら押せなくなって、手も足も出ません。

しょうがないので、Troubleshooting OptionからEnable ESXi ShellをEnableに変更。
ALT+F1でESXi Shellに入れるようになる。
普段の画面に帰ってくるにはALT+F2で。

現状確認。

esxcli network ip interface ipv4 get

何も表示されず。そりゃそうか。

新しく追加したNICがちゃんとリンクUPしてるか確認

esxcli network nic list



ポートグループの名前が必要になるので調べる。

esxcfg-vswitch -l



ESXiのIP/Maskは192.168.111.222/24で、ポートグループは"Management Network"で設定。

esxcfg-vmknic -a -I 192.168.111.222 -N 255.255.255.0 -p "Management Network"



念のため確認。

esxcli network ip interface ipv4 get
Name IPv4 Address IPv4 Netmask IPv4 Broadcast Address Type DHCP DNS
---- ------------ ------------- -------------- ------------ --------
vmk1 192.168.111.222 255.255.255.0 192.168.111.255 STATIC false




これでALT+F2で普段の画面に戻ってくると、Configre Management Networkが押せるようになってるので、使用するNetworkAdapterを選択したりして完了。

vSphereが繋がらないと不便&焦りますね。

カテゴリ:VMware - テーマ:サーバソフト総合 - ジャンル:コンピュータ

VMware ESXi5 ゲストがフリーズした場合

vSphereからは稼働中に見えるけど、仮想マシンコンソールが開けない。
vSphereから停止させようとしても止まらない。
ESXiホストのコンソールから『Restart Management Agents』を実行したら仮想マシンを見失って再起動を余儀なくされる…

という状況が発生しました。
再び同じような症状が出たので対処法のメモを。


1.取り敢えずsshでログインできるようにしておく。

2.ゲストが固まってコンソールが開けなくなったら、sshでログインしてPIDを探す。

仮想マシンの名前がHOGEの場合

~ # ps | grep HOGE
438655 vmm0:HOGE
438657 438654 vmx-vthread-4:HOGE /bin/vmx
438658 438654 vmx-mks:HOGE /bin/vmx
438659 438654 vmx-vcpu-0:HOGE /bin/vmx



3.プロセスを殺す

kill 438654



4.vShpereの表示を更新する(F5を押すかvSphereを再起動)

5.HOGEが停止になっていれば、HOGEを起動。

取り敢えずこれでサーバを再起動せずに復旧できるようになりました。
ただ、度々同じ問題が起こったらめんどくさいなぁ…

カテゴリ:VMware

VMwarePlayerゲストからブリッジネットワークに接続できなくなった場合の対処

GenymotionやらVPNやらを入れたり消したりしてるうちに、いつの間にかゲストOSからブリッジで接続できなくなってました。
Genymotion…というよりVirtualBoxが新しい仮想NICを作ったりしたのが原因の様子。

取り敢えず調べるところは以下2点。

1.ゲートウエイとなるNICの『VMware Bridge Protocol』が有効になっているか?
普段弄るところでもないし勝手に無効化される物でもないけど、念のため確認。
20140925NIC設定



2.仮想ネットワークアダプタの設定を確認

十中八九原因はこれ。
VMnet0が消えてました。
20140925NIC仮想ネットワーク設定

ネットワークの追加でVMnet0を追加して、ブリッジに設定するだけ。
仮想も含めてNICが複数ある環境の場合、ブリッジ先は自動にせず、ちゃんと指定しましょう。

しかし、VMnet0だけ良く消える気がするのですが…なんで勝手に消えるんだろう。
仮想アプリやVPNがNICを追加したりするタイミングで消えてるような気はするけど。
大した問題ではないのだけど、何も考えずに作業してて外部と通信できなくなるとちょっと焦る


カテゴリ:VMware

ESXi5.0のFWに開けてVNCが開通した後の運用

ESXi5.0のFWの穴開けの記事をお探しの方はこちら

ESXiにVNCの画面転送をさせると、どのゲストOSがどのポート番号を使っているかを把握しておく必要があります。
2,3台ならたいして困らないのですが、5台ぐらいになってくると、だんだんドレがどれだか解らなくなります。
ホスト事にVNCをインストールした場合だと、マシン名で接続するので困らなかったのですが…

と言うわけで、VNCの接続をランチャー的に使えるソフト。
VNCSelector
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se484704.html

設定を作っておけば、ダブルクリック一発で目的のサーバの画面を呼び出せます。
良いか悪いかは別にして、パスワードの入力までやってくれるので、ESXiの仮想マシンに素早くアクセスできます。
仕事で使うにはちょっと問題があるかも知れませんが、自宅サーバとかSOHOとかには便利かも。


私はUltraVNCを使っていますが、圧縮転送とかの所謂VNCクローン独自の機能は使えない物と思われます。
このため、沢山VNCを接続した状態だと物凄く帯域を喰うのではなかろうか?
と考えて、各ServerSettingのParametorに「/8bit」のオプションを付けて使っています。
気分的な問題かもしれないけどw

カテゴリ:VMware - テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。