チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

0simを契約 nanoSIMアダプタの知恵

月500MBまでなら0円のso-netのSIMを契約しました。

iijをずっと使っていますが、クーポン無しの時代から変わらない運用なので、毎月月末には2.5GBぐらい余ってました。
勿体ないナーと思ってたので、ひとまず0simを使ってみよう、と。
で、0sim自体の詳しいアレは多分デジモノのレビューが山ほどあるので置いておくとして…

今回、nanoSIMを注文しましたが、持ってる機器はmicroSIMです。
市販のSIMアダプタを使うわけですが、SIM脱落防止の工夫を。

DSC_0169.jpg


ポリイミドテープで固定。
セロハンテープや両面テープでも良いと思うけど、
薄くて絶縁、耐熱性も高いポリイミドテープの出番かな、と…
(普段あまり出番がないから使い道をひねり出したとも言う)

スロットインタイプのSIMソケットの機器なので、このような貼り方をしておけばSIM端子がSIMとアダプタの隙間にハマるのを防止…できたらいいな。

ちなみに、秋月で250円でした。
amazonでも結構扱いがありますね。

絶縁耐熱テープ 10×33M 10-33


3月頭から契約して、およそ2ヶ月間特に目立った問題はないようです。




スポンサーサイト

カテゴリ:スマホ

モバイルバッテリーからのスマホの充電が遅いと思ったら…

SH-04Eに換えてからモバイルバッテリーからの充電が著しく遅い事に今更気付きました。
前のスマホの時はさして気にしてなかったのですが…

で、このあたりの事情をサクッと調べてみる。
  • 昔はmicroUSBの充電規格がまだ統一されてなかった
  • と言うわけで、充電器側も色んな物がでてた
  • 最近のスマホはちゃんと規格が策定されてて、高速充電するためにはD-/D+がショートされている(同じ電圧である)必要がある

あー、確かにスマホにBatteryMixを入れてみたら「充電中(USB)」って表示される。
この状態だと1Aとか2Aの充電器を持ってても500mA以上流れないんだろうなー

と言うわけで、手持ちのcheeroの古いモバイルバッテリーのD+/D-を測定してみる。
  • 1A側 D+:1.9V D-:2.6V
  • 2A側 D+:2.6V D-:1.9V

なんじゃこりゃ。
1A側で充電できなかったり2A側で充電できなかったり、機器によってまちまちだった原因はこれか。
恐らく、D+/D-がオープンだと充電してくれないApple系への対策と、特に取り決めがなかった当時のandroidデバイス両方でなんとか使えるように、PCのフリをする為にこんな作りになってるのでしょうが…

で、分解して、パターンカット&ショート。
しようとおもったけど、こいつねじ穴がない!
ケースをこじってみたけど傷が入るだけで開きそうにない…

しょうがないので、ケーブルで対策。
最近の製品で「充電専用」と書かれてる者は大概D+/D-がショートされてるみたい。

ELECOM スマートフォン等対応 microUSBケーブル 充電専用 0.5m ホワイト MPA-AMBC05WH



あとでよく調べたら、100均なんかでも充電専用ケーブル売ってるのね。
明らかに粗悪な作りだけど、壊れたら買い換えるつもりで持っておくにはいいかも。

ちなみに、最近のモバイルバッテリーは心配しなくても最初からD+/D-は結線されているみたい。


カテゴリ:スマホ

SH-04Eを入手、01.00.08でroot

長らくSH-13Cを使っていましたが、ひょんな事でほぼ未使用のSH-04Eを入手しました。
実はいい加減買い換えようと思って、Zenfone2待ちだったのですが…。
折角なので今回も限界まで使い倒そうと思います。

と言うわけで、rootでも取ってみようかと調べてみる。
Meopadの時のように自力でなんとかしてやろう的な元気はもうありまへん

ぐだぐ駄絵日記さんの以下の記事
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/2126089/blog/32415000/

SH-02Eについて書かれてるけど、下の方まで見ていくとSH-04EでもOKっぽい。
ただ、現在最新のビルド(01.00.08)での動作報告がなさげ。
自分の端末は勿論01.00.08。

SHARP_android_rooting_tools ver.7 を探してきて、内容に目を通す…
取り敢えず行けそうな気がしたので、実行。
むしろ文鎮化するならもっと騒ぎになってるだろうし
画面の指示に従ってたらrootが取れました。

おー。すげー。
先人の知恵と勇気に感謝。
元々root取るつもりがなかったので、何やろうか?から始まるという間抜けな事態に。

取り敢えず、思いつきでやったこと。

カメラシャッター音の変更
/system/media/.sharp_audio/ui/
このあたりのファイルを差し替えたりリネームしたり。


GPSの設定変更
/etc/gps.conf
ファイル名でググったら色々出て来たので、適当に書き換え。


要rootアプリの導入
AFWall+ (Android Firewall +)
Greenify
Titanium Backup


テザリングもできるようにしてみようかと思ったけど、使う機会があんまり無さそうなので今回はスルー。
でも覚え書き。
https://code.google.com/p/android-wifi-tether/

android4.1だとroot取ってもやる事少なめですね。
主にfirewallの為にroot取る感じなのかなぁ
でもフリーソフトの広告塞いじゃうのは忍びないので、最低限しか設定してないですが…



AQUOS PHONE EX SH-04E docomo [Black]



んー…amazon価格で現在29,800円。古い割に良いお値段しますね。
性能的には数字だけみたらZenfone5と同じぐらいなのかな?


カテゴリ:スマホ

MVNOでエリアメール

ドコモのスマホ + IIJmio + 050plusで、SH-13Cを運用し始めて半年経過しました。
MVNOって物がよく解って無くて不安があったので、willcomのアドエスを平行利用していましたが、それも去年の末に解約。
現在はIIJmio+050plus一本に絞っていますが、特に問題らしい問題はないです。

050plusもアップデートがあって音声品質が改善されたとか。
品質については、元々あまり気にしてなかったんですけどね。
電話をもっとバンバン使う人にとっては朗報だったんじゃないでしょうか。

そして、先日。
早朝、聞き慣れない音で携帯がけたたましく鳴って起こされました。
地震か?北のミサイルか?
と思いつつ、起き上がって携帯を取りに行くとグラグラと地面が揺れ出しました。
携帯を見てみると、エリアメールで緊急地震速報が…

MVNOでも、エリアメールもちゃんと来るのね。
いやあ、便利なもんです。

カテゴリ:スマホ - テーマ:MVNO(仮想移動体通信事業者) - ジャンル:携帯電話・PHS

格安でandroid携帯を維持する

既に割と有名な方法ですが、実際にやってみた手記ということで…。

まず、私が持っている電話機はPHS。
Willcomのアドエスという、そこそこ古いスマートフォン。
長年愛用してきたのですが、あっちこっち物理的に破損してきたので、いい加減に変えようと。
で、どうせなら格安プランでやってみようと思い立ったのです。

構成的には、docomoスマホ+IIJデータ通信用SIM+050plus。
所有している電話機がPHSのみだったので、050plusの登録に四苦八苦しました。
(結局090で始まる電話番号を家族から借りました)



【費用の確認】
■docomoの中古スマホ
 →SH-13Cを中古で購入。9000円。
  IIJmioと050plusが対応していれば何でも良いと思います。

■IIJmioウェルカムパックforイオン
 →SH-13CはmicroSIMなのでmicroSIMを購入。3150円。
  イオンの携帯電話機アクセサリコーナーの棚に陳列してありました。

■IIJmio高速モバイル/D ミニマムスタート128プラン
 →月額945円。クレジット払いのみ。

■050plus
 →月額315円。クレジット払いのみ。

初期費用合計 : 9000 + 3150 = 12,150 円
維持費合計 : 945 + 315 = 1,260 円


IIJmioのデータ通信SIMは、別にイオンで買わなくてもIIJのサイトで契約すると郵送されてきます。
ただ、IIJのサイトで登録すると郵送されてくるまでに数日を要するので、すぐSIMが欲しい場合はイオンがおすすめ。
特に中古端末を買った場合、初期不良保証期間までに全ての動作検証を行おうとおもったら、イオンの方が手っ取り早いかと。
あと、イオンで買うとキャンペーンでオマケクーポンが付いてきます。
どっちで買っても費用は変わりません。


【端末を用意する】
まずは中古端末を買ってくる。これがないと始まりません。
googleアカウントを作って、アプリを入れてみたりして、普通のandroid端末として動作確認。

それに飽きたら、元の電話機から電話帳をコピー。
050plusは本体の電話帳を参照するようなので、この時点でやってしまってokでしょう。
赤外線で古い電話機から電話帳を転送して、グループ分けなどをちょこちょこと。


【回線の契約】
IIJのSIMをイオンで買った場合は、同封のマニュアルに沿って登録&契約作業を。
書いてある手順通りなので、困ることはありません。
契約が終わったらすぐに3G通信が始まります。


【IP電話の契約】
050plusをインストール。→公式
ソフトを起動すると、登録画面が出てくるのですが…結構ストレスが溜まります。

取得する電話番号の下4桁を自由に設定できるのですが、登録情報をミスってやり直ししたら15分程度の間、同じ番号を指定できなくなります。
更に、携帯電話の番号を間違えると1時間待たされるようです。
キャンセルする手段ぐらい用意しておいて欲しい…

登録の最後に、認証コードを入力。
050plusのセンターから、設定した携帯電話に自動音声案内が来るので、ガイダンスに従って、さっき設定した認証コードを入力。
これで登録完了。

携帯電話番号の出番はここまでだと思うのですが、お客様情報に残ってしまいます。
PHSからの乗り換えの場合、家族など親しい方の番号を借りるのをおすすめします。
いくらIP電話とはいえ、電話番号を取得するのに電話番号が必要とか、ちょっとどうなんだろ…

ちなみに、Windows用のアプリでも携帯電話番号が必須です。
更に言うと、Windows用のアプリでは、かな入力が強制されたり、なんだか動作が怪しい気がします…

これで全て完了。
手元のSH-13Cは電話機として使えるようになりました。



【余談】
・IIJmioをイオンで買った場合、100Mのクーポンが1枚オマケでついてきます。
 このオマケの有効期限は契約月を含めて3ヶ月なので、すぐにクーポンを使う予定がなければ月初めに契約した方がお得かも?

・050plusの契約は最大2ヶ月基本料金無料キャンペーンをたまにやるようです。
 「最大」とあるのは、元々契約月は基本料金無料の為。
  って事で、050plusも月初めに契約した方がちょっとだけお得かも。

・今月1日に全ての契約を開始して4,5日ほど使っていますが、特に問題はないようです。
 問題点や気になる所がでてきたら、また纏めたいと思います。

・050plusを契約するときに「お友達紹介コード」を入力すると、紹介した側も、された側もQuoカードが抽選で当たるらしいです。
 もしよかったら私の紹介コードを使ってください。
 私の紹介コードはこれです → 222GQK48




カテゴリ:スマホ - テーマ:MVNO(仮想移動体通信事業者) - ジャンル:携帯電話・PHS

FC2Ad