チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

AVR CDC232をWindows7 x64で使う

Windows7x64ではCDC232がそのままでは使えないようです。
署名が無いのでOSに怒られます。
このままでは今まで作った激安Arduinoもどきがションボリです。

と言うわけで、所謂「おれおれ証明書」を作ってみました。

ここを参考にしました。

取り敢えず適当にやってみた記録なので、参考までに。
赤字の所は適宜変えて下さい。


準備
  • VisualStudioかWindowsSDKをインストール。
  • avrcdc_infの中身のVista64フォルダを何処かにコピーしておく。
  • SDKコマンドプロンプトを管理者権限で起動して、カレントディレクトリを先ほどコピーしたVista64に移動する。
準備ができたら、コンソールから以下を実行。

makecert -r -pe -ss my -n CN=hoge lowcdc.cer

certmgr.msc を起動して、個人\証明書にhogeが出来ているのを確認
hogeを右クリックでエクスポート。このとき秘密鍵を含める。

certmgr.exe -add lowcdc.cer -s -r localMachine root
certmgr.exe -add lowcdc.cer -s -r localMachine trustedpublisher

certmgr.msc を起動して、「信頼されたルート証明機関\証明書」と「信頼された発行元\証明書」にhogeが出来ている事を確認。

signtool sign -v -s my -n hoge lowcdc.sys


コマンドプロンプトを管理者権限で開いて、以下を実行。

bcdedit.exe /set TESTSIGNING ON

終わったら再起動。
再起動後にCDC232を接続して、デバイスマネージャからさっきつつき回したフォルダを選択して、ドライバのインストール。
取り敢えずこれでドライバをインストールすると動くけど、画面右下にテストモードとか出ちゃうなぁ…

bcdedit.exe /set TESTSIGNING OFF
とするとテストモードの表示は消えるけど、CDC232も使えなくなります。


ちなみに色々読んでいて、bcdedit.exe /set TESTSIGNING ON だけで、ドライバの署名は要らないのでは?
と思って、署名してないドライバを入れようとしたけど、「署名がないよ」って怒られて使えませんでした。


うーん、何かもっとスマートな方法は無いかなぁ…
といっても、証明書の問題だからどうにもならないかな?


ReadyDriverPlusというツールもあるようだけど、これはまた今度試してみようかな

スポンサーサイト

カテゴリ:電子工作 - テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

VMwareServer2からESXi5への移行の覚え書き

先日、PCを買い換えました。
Arduino用の環境はまだ整えてないのですが、その前にサーバ入れ替えをしたのでメモ。

もうずっと長い間、Windows2000の上で無理矢理動かしていたVMwareServer2。
VMwareServerは更新も止まってるし、Windows7x64からでは、困った事にConsoleが開けない…
これを機に余ったPCパーツでESXiへ乗り換えしました。

今まで使ってたマザーボードはVIAチップセットだったのでESXiが動かなかったのですが、手元に余ったnForce系はサポートしているようです。

用意するもの
  • ESXi5のCD
  • VMwareWorkstation
両方ともVMware社のHPからユーザ登録すると入手できます。
ESXiに仮想マシンイメージを取り込むには、仮想マシンをOVFファイルにしないといかんのですが、専用ツールを探すのがめんどくさいのでVMwareWorkstationでやります。


1.ESXiをサーバにするPCにインストール。
 ESXi5からはUSBメモリをインストール先に指定できます。
 2011/10/02追記:USBメモリは4GB物を使いました。2GBだと足りないかも。

2.作業PCにvSphereClientをインストール
 ESXiに接続できる事を確認しておく

3.VMwareWorkstationを作業PCにインストール
 作業PCにVMwareServerで使ってたHDDを接続

4.VMwareWorkstationに、VMwareServerの仮想マシンイメージを追加
 [ファイル]メニューからOVFへエクスポート
 ※仮想HDDのサイズに応じてそれなりに時間がかかる

5.vSphereClientからESXiへ、OVFをインポート


仮想HDDの容量次第では時間が結構かかりますが、各所日本語化されているので画面の指示を見ていれば困る事はありませんでした。


インポートが終わった後、設定の確認をして置いた方が良いようです。
仮想マシンの設定の、オプションタブの、ゲストOSの種類が軒並み「その他」になっていました。
特に問題が有るわけでもなさそうですが、きになるので各OSにあわせて設定。

仮想マシンの電源を入れると、Linux系は新しいNICが見つかったと言われるので、画面に従って設定を入れていけばOK。
Windows系はVMwareToolsをESXi付属の物にアップグレード。
以上で正常にうごいています。


2011/10/02追記:
SATA内蔵1台、PATA内蔵1台を接続して、両方ともストアにできました。
PATAコントローラが対応さえしていれば、余ってるPATAドライブが使えるのは嬉しいですね。


カテゴリ:VMware - テーマ:サーバー - ジャンル:コンピュータ

Seagate製HDDの復旧

何年か前に購入したSeagate製のHDDが調子が悪く、一時はまったく読み出しができなくなりました。
arduinoのスケッチやら色々入ってるのであきらめるに諦められず・・・

そういえば、HDD購入当時ファームに問題があるという噂があったHDDでした。
Seagate Barracuda 7200.11 ST31500341AS

当時、問題があるファームではないということで、気にせず使っていたので、ただの経年劣化での故障かと思っていました。
が、変な音がするわけでもなく、なぜか読み込めないという症状でした。
BIOSからは普通に認識しているので、いわゆる「ロックされた」という症状とちょっと違いました。


Seagate製HDD解析まとめwiki
http://www19.atwiki.jp/seagatehack/

MAX232などのTTLシリアル変換を使えば、HDDのデバッグ用インターフェイスと通信できるとの事。
でもMAX232持ってないしなー・・・
FT232RL直結して問題ないのかなー、と思ってぐぐってみたら、ありました。

Seagate(シーゲート)ハードディスク ファームウェア不具合の直し方、普及方法 自分用まとめ

自分用であってもまとめを公開してくれるとはありがたい・・・
とりあえず直結しても問題なさそうなので直結しました。

やり方は上記サイトのとおり。
ちなみに私の場合、BIOSではHDDを認識していたのでモータ電源のカットはやってません。


とりあえず、まったく読めないという状況から抜け出して、問題のあるセクタを読もうとしたらカコカコ音がするという正常な壊れ方(?)になりました。


持っててよかったFT232RL!



復活させたHDDのバックアップ中にマザーボードにも異常があることに気がついて、PC丸ごと1台更新する羽目になりましたorz

カテゴリ:PC - テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。