チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

VMware ESXi5 管理IPが0.0.0.0になった時の対処

ESXiホストのNICがぶっ壊れて、再起動やらしてるうちにIPが0.0.0.0になっちゃって困ったのでメモ。
新しいNICを接続しても、ホストのコンソール画面からConfigre Management Networkすら押せなくなって、手も足も出ません。

しょうがないので、Troubleshooting OptionからEnable ESXi ShellをEnableに変更。
ALT+F1でESXi Shellに入れるようになる。
普段の画面に帰ってくるにはALT+F2で。

現状確認。

esxcli network ip interface ipv4 get

何も表示されず。そりゃそうか。

新しく追加したNICがちゃんとリンクUPしてるか確認

esxcli network nic list



ポートグループの名前が必要になるので調べる。

esxcfg-vswitch -l



ESXiのIP/Maskは192.168.111.222/24で、ポートグループは"Management Network"で設定。

esxcfg-vmknic -a -I 192.168.111.222 -N 255.255.255.0 -p "Management Network"



念のため確認。

esxcli network ip interface ipv4 get
Name IPv4 Address IPv4 Netmask IPv4 Broadcast Address Type DHCP DNS
---- ------------ ------------- -------------- ------------ --------
vmk1 192.168.111.222 255.255.255.0 192.168.111.255 STATIC false




これでALT+F2で普段の画面に戻ってくると、Configre Management Networkが押せるようになってるので、使用するNetworkAdapterを選択したりして完了。

vSphereが繋がらないと不便&焦りますね。
スポンサーサイト

カテゴリ:VMware - テーマ:サーバソフト総合 - ジャンル:コンピュータ

激安青色LEDを買ってみた

以前amazonで見かけた激安青色LED。

100個で300円で送料込み…どうなってるのよ。

100個セット 超高輝度LED 発光ダイオード ブルー 直径(φ)3mm 15度 20mA


普段はSTKショップというところが販売しているようですが、たまに海渡電子が販売していることがあります。
STKだと案内を読む限り納期が1,2週間かかるようですが、海渡電子なら以前白色テープLEDを海渡電子で購入したときに3,4日で届いたので、早速期注文してみました。

#ちなみに私は海渡電子の回し者じゃないです

今回も期待通り、3日ほどでクロネコDM便で届きました。
割とちゃんとした袋に入っていて、プチプチで包装してありました。

パッケージに書かれている仕様は
  • Type:LED 3mm Blue
  • P/NO:CFB300
  • 3.0-3.2V
  • IV:3000-4000mcd(日本標準)
  • WLD(波長):463-466nm

早速開封&チェック。

青色led1
結構明るい。
値段を考えたら充分です。



青色led2

幾つか連結してみました。
うおっまぶしっ!

100個全部点灯確認してみたところ、故障率0%でした。
色のバラツキについては、個別で点灯確認したレベルではバラツキがあるかどうか解らないレベルでした。

1個3円の青色LED…これなら他の色と一緒にガンガン使っても惜しくないですね。
#というか、現状秋月で赤色LED100個が350円なので、こっちの青色LEDの方が安いっていう…

ただ、amazonの海渡電子で常時販売しているわけではないのが難点です。


カテゴリ:電子工作

FC2Ad