チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

VMware ESXi5 管理IPが0.0.0.0になった時の対処

ESXiホストのNICがぶっ壊れて、再起動やらしてるうちにIPが0.0.0.0になっちゃって困ったのでメモ。
新しいNICを接続しても、ホストのコンソール画面からConfigre Management Networkすら押せなくなって、手も足も出ません。

しょうがないので、Troubleshooting OptionからEnable ESXi ShellをEnableに変更。
ALT+F1でESXi Shellに入れるようになる。
普段の画面に帰ってくるにはALT+F2で。

現状確認。

esxcli network ip interface ipv4 get

何も表示されず。そりゃそうか。

新しく追加したNICがちゃんとリンクUPしてるか確認

esxcli network nic list



ポートグループの名前が必要になるので調べる。

esxcfg-vswitch -l



ESXiのIP/Maskは192.168.111.222/24で、ポートグループは"Management Network"で設定。

esxcfg-vmknic -a -I 192.168.111.222 -N 255.255.255.0 -p "Management Network"



念のため確認。

esxcli network ip interface ipv4 get
Name IPv4 Address IPv4 Netmask IPv4 Broadcast Address Type DHCP DNS
---- ------------ ------------- -------------- ------------ --------
vmk1 192.168.111.222 255.255.255.0 192.168.111.255 STATIC false




これでALT+F2で普段の画面に戻ってくると、Configre Management Networkが押せるようになってるので、使用するNetworkAdapterを選択したりして完了。

vSphereが繋がらないと不便&焦りますね。
スポンサーサイト

カテゴリ:VMware - テーマ:サーバソフト総合 - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nax9800.blog.fc2.com/tb.php/106-7d4b4f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad