チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

ESP-WROOM-02のまとめメモ

基本的にhttps://www.arduino.cc/について。
orgの方は使ってないのでよく知らない。
arduino1.6.7使用。

Additional Boards Manager URLsは以下を指定。
http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json

ファームウエア

http://bbs.espressif.com/viewtopic.php?f=46&t=850
ここの記事が毎回最新版へのダウンロードリンクになるぽいので、ブックマークしとくといいかも。
更新頻度がかなり高い。

http://espressif.com/en/support/download/sdks-demos
今は多分こっち

ファームウエアダウンロードツール

http://bbs.espressif.com/viewtopic.php?f=57&t=433
こちらも同じく、この記事が最新版へのダウンロードリンクのかな。

こっちもいつの間にか整備されてた。
http://espressif.com/en/support/download/other-tools?keys=Flash+Download+Tools


ファームウエアの書き込みについては、ねむいさんの解説が非常に解りやすい。
http://nemuisan.blog.bai.ne.jp/?eid=215341

とりあえず、ファームウエアをどのアドレスに焼くのかだけ抜粋。
boot_v1.5.bin0x0
at\1024+1024\user1.2048.new.5.bin0x1000
blank.bin0xFE000
esp_init_data_default.bin0x3FC000
blank.bin0x3FE000
ファームのアーカイブ内のbin/at/readme.txtに記載あり。

esp_init_data_default.binをアップロードすると、MACアドレスなんかも変わってしまうとの事だったけど、最新のダウンロードツールでは
既存のMAC読み出し→アップロード→MAC書き戻し
を自動でやってくれるようだった。
けど、念のため開封してすぐに動作確認ついでにMACアドレスはメモして置いた方がイイと思う。

最低限必要なプルアップ/ダウンなど。
こばさんの回路図でまとまってて見やすい。
http://d.hatena.ne.jp/wakwak_koba/20150928
ただ、espressifが出してる資料でも、資料を作った時期によって微妙に回路が違うw
2017/04時点での公式の最小回路は↓こんな感じになってる。
esp-wroom-02最小回路
古い資料に記載されてたIO2のプルアップ抵抗が削除されてる気がする…


電源周りについて。
ねむいさんの解説がわかりやすい。
http://nemuisan.blog.bai.ne.jp/?eid=216185
ピーク350mA強だそうで…
あちこち読んでたら、起動中に貧血を起こして再起動を繰り返す現象が多いみたい。
自分は取り敢えず手元にあった2Aのレギュレータ(PQ3RD23/秋月で2個100円)を使ってます。


ハードウエアについて
無線:802.11b/g/n
電源電圧:3.0-3.6V
平均電流:80mA
保管温度:摂氏-40~125
L電圧:-0.3~0.25*VIO 大体0.8V以下?
H電圧:0.75*VIO~3.3 大体2.4V以上?
Maximum Driving Power:12mA これはI/Oピン1本あたりかしら?


ATコマンド
115200bps,送信改行コードはCRLF。

STA(子機)のMACアドレスを取得

AT+CIPSTAMAC?
+CIPSTAMAC:"18:xx:xx:xx:xx:xx"



AP(親機)のMACアドレス取得(最初の桁以外はSTA側と同じだった)

AT+CIPAPMAC?
+CIPAPMAC:"1a:xx:xx:xx:xx:xx"


バージョンチェック

AT+GMR
AT version:1.4.0.0(May 5 2017 16:10:59)
SDK version:2.1.0(116b762)
compile time:May 5 2017 16:37:51



起動メッセージ
74880bpsで読めるらしい。

ets Jan 8 2013,rst cause:2, boot mode:(3,6)

load 0x40100000, len 2592, room 16
tail 0
chksum 0xf3
load 0x3ffe8000, len 764, room 8
tail 4
chksum 0x92
load 0x3ffe82fc, len 676, room 4
tail 0
chksum 0x22
csum 0x22

2nd boot version : 1.7(5d6f877)
SPI Speed : 40MHz
SPI Mode : QIO
SPI Flash Size & Map: 32Mbit(1024KB+1024KB)
jump to run user1 @ 1000

rf cal sector: 1019
freq trace enable 1
rf[112] : 03
rf[113] : 00
rf[114] : 01

SDK ver: 2.1.0(116b762) compiled @ May 5 2017 16:08:55
phy ver: 1134_0, pp ver: 10.2





以下個人的に非常に気に入ってる物。

arduinoのSPIFFSプラグイン

https://github.com/esp8266/arduino-esp8266fs-plugin/releases
なんか古いリリースへの直リンクとかが散見されるけど、ちゃんとリリース一覧から最新版をとってこようね。
esp8266のボード定義がstagingでないとFFSが使えないって記載を見かけたけど、2.0.0あたりからはstableで使えるんじゃないかな。
arduino1.6.7+esp8266-2.0.0、esp_iot_sdk1.5.2で使用可能だった。
但し、FlashSizeを『4M(1M SPIFFS)』に設定しないと書き込めない。

Timeライブラリ

https://github.com/PaulStoffregen/Time
時間を扱うなら必要。

NTPライブラリ

https://github.com/exabugs/sketchLibraryNTP
上記Timeライブラリと組み合わせて使用。場合によってはRTC不要に。
ドメイン名でNTPにアクセス、定期的に自動同期など至れり尽くせり。






スポンサーサイト

カテゴリ:備忘録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nax9800.blog.fc2.com/tb.php/110-096f95f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad