チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

ナナオ液晶の輝度ムラ修理 EIZO L567 L565

今となってはL565もL567も古い液晶ディスプレイですが、まだ動くので捨てるには惜しい。
当時高かったし。
というわけで直してみた。

この時代のナナオ液晶の持病のようで、ほとんどの画面に謎の模様が浮かび上がる…

DSC_0239.jpg

普段はそこまで気にならないけど、画面が単色になると途端に気になる。
個体によって模様はまちまち。

結論から言うと、
  • 液晶パネルの導光アクリルに塗布されている乳白色のノリが劣化して透明になる
  • ノリが劣化した部分の反射フィルムが剥離してシワになって均等に反射しない
という2つの原因によって模様が浮かび上がるみたい。

とりあえずどんどんばらして、液晶パネルもばらす。
DSC_0246.jpg
反射フィルムが出てきたら汚したり折り目が付かないように慎重に。

DSC_0250.jpg
はい、見事にぼこぼこ。
このフィルムもきれいに剥がす。
ノリがついてるので、破れそうな場合はドライヤーで温めながらゆっくり剥がす。

で、アクリル板1枚になったらノリがついてる面を光に反射させてみると、上のぼこぼこと同じような模様が見える。
この模様がなくなるように、ノリがついてる面をメラミンスポンジで水洗い。
(写真撮り忘れた…)
磨きむらができないように、あまり力を入れずに、全体を研磨。
ちなみに反対側のノリがついてない面は磨いちゃダメ。

乾燥させて、光を反射させてみて模様が見えなければOK。
あとは元通り組み直す。
このとき、ぼこぼこだったフィルムはきれいにピッタリ張り付けるように。



L565.png
↑L565

L567.png
↑L567

きれいになった!


スポンサーサイト

カテゴリ:修理&分解

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nax9800.blog.fc2.com/tb.php/128-a828a170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad