チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

DSRとVSRを比較

最近のグラフィックボードは、nVidiaもAMDも、ディスプレイの解像度を超えた解像度をなんとかして映し出す技術を搭載してます。
nVidiaがDSR、AMDがVSR。
呼び方とか多少違いはあるものの、基本的には同じような機能と思っていいみたい。

ただ、どっちも使ってみて、どうもフォントの見え方がずいぶん違うような気がしたので比較してみた。


font-gtx560ti.jpg
nVidia GTX560Ti。
IIYAMA PLX2380H 1920*1080 → 2560*1440
なんか薄いけどしょうがないよね、というレベル。


font-A10-7850k.jpg
AMD A10-7850K。
MITSUBISHI MDT242WG 1920*1200 → 2560*1600
なんか見やすいっていうか、全体的に濃い?



画面の違いもあるのかもしれないけど、像度の変更比率は同じ。
もともとゲーム用だろうから、フォントなんかで比較するようなことじゃないのかもしれないけど。
AMDはちょっと字が小さいけど普段使いにもできそう、というかしてる。


スポンサーサイト

カテゴリ:PC

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nax9800.blog.fc2.com/tb.php/130-27f77c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad