チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

ASRock B150M Pro4V 購入

思い付きで買っちゃいました。

ASRock Intel B150搭載 Micro ATXマザーボード B150M Pro4V



Intel CPU Celeron G3920 2.9GHz 2Mキャッシュ 2コア/2スレッド LGA1151 BX80662G3920 【BOX】




ASRock B150M Pro4Vは9k円を下回る価格でintelのNICを搭載。
G3920は一瞬だけG3900より安い逆転現象が起きていたので。
現在、Phenom9950マシンでESXiが動いているので、スペックがほぼ同等になるこの組み合わせでリプレイス予定。

B150M Pro4Vの特徴(偏ってる人目線)
  • VT-x対応
  • VT-d対応
  • LPTポートあり(使わないけど)
  • COMポートあり
  • オンボードNICがIntel I219
  • メモリスロットが4本、M.2、SATA6本
  • なんか妙に安かった

【注意点】
  • CPUファンのデフォルト設定が電圧制御になっている。
    ファンがうるせえええ!と思ったら要確認。

  • 電源喪失時→復帰時の設定が、電源ONか電源OFFしかない。
    だいたいのマザーは最後の状態で復旧の選択肢があるんだけど、B150 Pro4Vにはないみたい。

  • VT-dとかVirtualization Technologyがデフォルトで有効になってる。
    個人的にはウエルカムカムだけど、使わない人にとっては落とし穴かも。

  • COM2のパターンがあるけど、さすがにこれは使えなさそう。
    (IRQ食ってなさそうだし)

  • 付属のマニュアルが分厚いわりに大したことが何も書かれていない。
    1冊に14言語ぐらい詰め込んであって、1言語あたり10ページぐらいしかないからしょうがない…
    公式に掲載されているpdfマニュアルを見た方が良い。

そして、そのマニュアルに微妙な罠がある。

Boot From Onboard LAN (内蔵LANからのブート)
内蔵のLANでシステムをウェイクアップできるようになります。

って書いてあるけど、これはWoLの事ではなく、PXEとかの事。
オンボードのIntel I219でWoLがしたい場合は、ACPIの設定で『PCIEデバイス電源オン』を有効に。

ちなみに、UEFIからファームをDLしたり、ドライバをDLしたりする機能がある。
この機能を使った後に、NICの設定らしきものが現れることがある。
そこにWoLを有効にする、みたいな表示があるけどこれも罠。変えられない。



OCCT、DirectX11で10分回してCPU温度は38度(室温25度)。
CPUファンもリテールだけど静かなもんで…
後は耐久性次第だけども、良いマザーかも。

スポンサーサイト

カテゴリ:PC

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nax9800.blog.fc2.com/tb.php/139-9f7a9f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad