チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

ESXi6.0u2をskylakeマシンに導入した

SkylakeのすべてのCPU、すべてのチップセットはVT-xもVT-dも対応してるそうで…
最近、勢いあまってとにかく安い構成で買っちゃったわけですが。
きっとVT-dは使わないけど。

というわけで、ESXiサーバを構築したメモ。

マザー:ASRock B150 Pro4V
CPU:Celeron G3920
メモリ:余ってたDDR4/4GB*2
HDD:超古いSATAのHDD
ケース:古い鯖から流用
電源:古い鯖から流用。SPSN-050
USBメモリ:4GB

2万円程度でESXiサーバが作れてしまった。
パワーはないけど。

ESXi6.0u2を使用。
仮想マシンはESXi5.0からのエクスポートして移植。
特に追加ドライバも必要なく、トラブルもなく完了しました。
B150 Pro4VのオンボードNIC(Intel I219)はESXi6.0u2で標準対応してた。

インストール手順。
  1. VMWareからvSphere6.0u2のISOをダウンロードする。(※要ユーザ登録)
    https://my.vmware.com/jp/web/vmware/evalcenter?p=free-esxi6
  2. ISOをCDRに焼く。
  3. ESXiホストになるPCにUSBメモリを突っ込んで、さっき焼いたCDRでセットアップ。
  4. ESXiホストを管理する端末に、vSphere Clientをインストール。
以上。
なんもトラブルなかった…すごいなあw

お次はゲストマシンの移動。
古いESXiサーバから仮想マシンをエクスポートする。
USBパススルーしてたOSはOVFエクスポートに失敗するので、USBを設定から削除してからエクスポートする。
エクスポートしたOVFを新しいESXiサーバにインポート。

あとはVNCで管理したいので5.0の時と同じくFWに穴あけ
OVFをインポートした場合、VNCの設定が消し飛ぶので手動で再設定する。
(HDDごと引っ越してきた場合はそのまま残ってる)

esxitopのCステートがC3までしかなくて、アレ?と思ったけど、よく調べてみたら、C0~C3に詰めて表示される、って事らしい。
その割にPステートはP15まであるんですが…こっちを詰めろよって思う。
PステートはP0がほぼ100%、たまにP15が数%って状態で、P1-14に遷移したことがないような…
ちゃんと動いてんのかな。

念のため、CステートにかかわるBIOSの設定項目を「自動」から「有効」に変更しておきました。


ちなみに、ESXiサーバとなるマザーを選ぶ際に、事前のマニュアルを読んでVT-xの項目は確認したほうがいいかも。
『Intel Virtualization Technology』と書かれてるのがVT-xの事だと思うんだけど、UEFTメニューにこの項目がなさそうなのがいくつかあった。
少なくとも、ASUSとGIGABYTEのB150マザーのマニュアルにはこの項目についての記載がなかった…
マニュアル上で省かれてるだけならいいんだけど、不安だったので今回は避けた。

VT-xより敷居が高い(と思う)VT-dはどのマザーのマニュアルにもだいたい書いてあったので、デフォルトでVT-xがONになってるのか…?
と考えたけど、『VT-xが有効だと仮想も何もしない場合のパフォーマンスが少し落ちるからASUSなんかはデフォルト無効にしてある』って話も聞いたことがあるような、ないような。
VT-dをONにしたらVT-xも同時にONになるとか、そんな話なのかなー、と考えつつも、ASUSのH170ProなんかはちゃんとVT-xとVT-dそれぞれON/OFFできるし…

低価格マザーは差別化のために設定削除してあるってのは往々にして考えられるから、やっぱ事前にマニュアルを読むなり実機を触るなりしないと怖いですね。



スポンサーサイト

カテゴリ:VMware - テーマ:サーバソフト総合 - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nax9800.blog.fc2.com/tb.php/140-59834806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad