チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

変換名人USB-RS232をWin7x64で動かす

変換名人に限らず、PL2303を使用するUSB-RS232C変換器は、x64では結構トラブルが多いようなので、メモ。

今回購入したのはこれ。

USBをシリアル通信(RS232 9ピン)に変換 変換名人 USB-RS232




細かいことは端折って、PL2303のドライバを捜しました。
取り敢えず、公式のドライバはNGだったので、
チップメーカーやら秋月あたりから、1.7と1.5をDL。
どっちもインストール→USB接続→NG。
がーん。

で、ここからが本題。
デバイスマネージャの「ドライバの更新」
→「コンピュータを参照してドライバソフトウエアを検索」
→「コンピュータ上のデバイスドライバの一覧から選択」

3つのバージョンのドライバが表示された。
pl2303.jpg

新しい物から順に試したところ、一番古いと思われる3.0.1.0で正常に認識しました。
なんでこんなことになるのか謎ですが、動いたのでヨシとしましょう。


苦労したくない人は、サンワのUSB-CVRS9がいいかも。

SANWA SUPPLY USB-CVRS9 USB-RS232Cコンバータ



公式でWin7x64に対応しているようです。
チップもFTDIの物を使っているという噂。


私は結局バッファローのBSUSRC0610BSを入手しました。
http://nax9800.blog.fc2.com/blog-entry-72.html

あと、ちゃんとFTDIチップ採用と書かれている製品が秋月で発売されました。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08343/

スポンサーサイト

カテゴリ:PC

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nax9800.blog.fc2.com/tb.php/50-967ff54c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad