チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

激安温湿度センサDHT11を運用してみた

前回の試験でまともに動かない事が解りきっていたDHT-11ですが、折角なので運用してみました。
ただ、普通に運用しただけだとDHT-11のダメさ加減が解らないので、LM35DZと平行して記録を取り、グラフ化してみました。

温度1(赤)がDHT-11、温度2(橙)がLM35DZ。



9月23日

25~30度ぐらいであれば、概ね正しい温度を出力するようです。
このグラフだけ見たら、許容範囲と言えるかもしれません。




10月28日

25度を下回った頃から、だんだんと誤差が広がって来ます。
まだ許せる範囲かな…?




12月16日

どうしてこうなった/(^o^)\

付近の温度から、LM35は概ね信用できる値なのですが、DHT-11の温度は高すぎます。
どうも14度以下は出力しないような気がしますね…


まとめると、

・電源はきっちり5Vでないとまともに測れない
・温度は23~30度でないとまともに測れない

といった感じで、用途がかなり限定されるような気がします。
やっぱり安物なりですね…
だめだこりゃ
スポンサーサイト

カテゴリ:電子工作

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nax9800.blog.fc2.com/tb.php/52-92416e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad