チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

USBエクステンダーDN-84479 その4

前回の続き。

いきなり接続で困る

まず一発目に、接続の段階で困難に直面します。
DN-84479の送信機側は、本来USB-Bメスが実装されているべきなのに、何故かUSB-Aメスになっています
USBのA-Aケーブルなんていう変態ケーブルが必要になります。
私はAメスをBメスに変換するアダプタで済ませました。
こんなやつ↓

SANWA SUPPLY AD-USB5 USBアダプタ




VCC/GND/D+/D-が結線されてさえいれば問題ないので、百均のUSBケーブルを加工するのが手っ取り早いですね。
A-microBのケーブルを2本買ってきて、半分に切ってA-AとmicroB-microBのケーブルを作るのがコスト的には一番お得かも。
副産物としてmicroB-microBの変態ケーブルも作成できますw

A-AケーブルやA-B変換コネクタを買うときに、お店の人に事情を聞かれる可能性大ですね。
学生時代働いていたお店では、後々クレームにならないように、この手の変態アダプタを求める方には事情を尋ねてていましたし。
普通はこんな変態アダプタ使わないですから…

って書いてたら、なんかUSBケーブルとLANケーブルの添付し忘れたといって、Impressさんかメールが…。
えっ、上海問屋の説明では、ケーブル類は添付してなさそうな感じだったけど…いいのかな…
USBエクステンダー DN-84479 の購入を検討している人は、購入前に確認した方がいいかも。
もし添付してないようでしたら、上海問屋にも変換コネクタの扱いがあるので、一緒に注文すると良いと思います。

USBケーブルのコネクタ形状を変換する 各種USB変換アダプタ シリーズ 上海問屋 DN-89062 [メ03]






LANケーブルについて

「CAT6ケーブルを使いなさい」と書いてあるのですが、手持ちにCAT5eのケーブルしかなかったので、試しにCAT5eのケーブルで接続。
短いケーブルであればCAT5eでも割と大丈夫なようですが、たまにおかしくなります。
50mのCAT5eを繋いでみたら、受信機側を認識しない事が多く、安定しませんでした。
やはりCAT6必須のようです。周波数的に仕方ないか…

取り敢えず、CAT6の30mをポチり。

協和ハーモネット UTP カテゴリー6LANケーブルコネクター付 白 より線導体 AWG24 X 4P 30m HLC-T6-30MP




DN-84479のソケットがGNDに繋がっているなら、UTPよりSTPの方がいいかも。
そのうち調べてみますか…




相性問題についてまとめておくと、

短いCAT5e + エクステンダ = OK
短いCAT5e + エクステンダ + デバイスサーバ  = OK
長いCAT5e + エクステンダ = エクステンダのHUB認識が不安定
長いCAT5e + エクステンダ + デバイスサーバ = 同上

長いCAT6 + エクステンダ = OK
長いCAT6 + エクステンダ + デバイスサーバ = ほぼ安定。但しCDC232は動作せず
長いCAT6 + エクステンダ + 長いUSBケーブル  = OK
長いCAT6 + エクステンダ + 長いUSBケーブル + デバイスサーバ = エクステンダのHUBを認識しない

そもそもエクステンダの説明にCAT6を使えと書いてあるので、ちゃんとCAT6を使いましょう。
認識しなくなった時は、しつこくUTPを抜き差ししたら復活します。


そんなこんなで、倉庫の温度が解るようになりました。
温湿度計グラフ

スポンサーサイト

カテゴリ:電子工作

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nax9800.blog.fc2.com/tb.php/62-84aac329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad