チラシの裏の電子工作

電子工作、PC関係の備忘録というか、チラシの裏

東芝LIF(ZIF)HDDのデータ復旧

SONYのハンディカムHDR-SR11を水没させてしまい、再起不能になって助けを求められました。

本体は捨ててしまって構わないけど、中に入っている映像をなんとか救出して欲しい!との事。

カメラを分解してHDDを取り出す。東芝のHDD MK6014GALが入ってました。
LIFなので、そのままではPCに接続できないので、変換アダプタを入手。

変換名人 ZIF接続1.8"HDD(東芝/日立) → 2.5"IDE変換アダプタ IDE-ZIFB25A




これがまた、のっけから不親切。
流石不親切で定評のあるプロ用の変換名人です。
なので、重要なポイントをまとめておきます。

フィルムケーブルは2種類標準添付
商品写真に写ってないけど、ケーブルは標準添付でした。

青-白:今回はこちらを使いました。おそらく東芝用?
青-青:東芝HDDには太すぎて刺さらなかった。恐らく日立用?


用途不明のジャンパは罠
今回、このジャンパをOPENにしないとPCが認識しませんでした。
マスター/スレーブに切り替えかとおもったけど、2.5IDE側に直接結線されているように見えません。
ひょっとしたら日立用?

と言うわけで、今回使った物は、変換器本体+青白ケーブル。
DSC_0627.jpg


HDDのラッチが非常に小さい
小さいけど爪で起こしてやると既存のケーブルがスポッと抜けます。

起きてる状態
DSC_0629.jpg

ロック状態
DSC_0630.jpg

ラッチを起こした状態でフィルムケーブルを差し込み、ラッチをロックします。
DSC_0631.jpg

反対側から見ると端子が結構はみ出て見えるけど、これでOKぽい。
DSC_0632.jpg

変換器側のラッチオープン。
DSC_0628.jpg

変換器も同じようにラッチでロックして接続。
このとき、1PINを目印にして表裏を確認。
DSC_0633.jpg


あとはPCに接続して認識してしまえば大勝利。
HDR-SR11の中身はFAT32なので、Windowsから認識できてしまえば簡単です。

と言いたいところですが、このHDDは水没したせいか、先頭セクタ付近に重大な問題があったようで、中身を覗くのに時間がかかりました…
色々試した結果、最終的にLinuxマシンを用意して、testdiskを使ってファイルだけ復旧させ、HDDそのものの修復は諦めました。



スポンサーサイト

カテゴリ:修理&分解 - テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nax9800.blog.fc2.com/tb.php/79-949b24a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad